奇跡の野菜ビーツが近所に売っていた!ビーツの栄養・効能とローフードレシピ

ビーツを使った料理というと、赤い色が印象的なボルシチが思い浮かびます。
ボルシチはもともとはウクライナの郷土料理で、ビーツを使った赤いスープです。
各家庭の味があり、ロシア人にとってはおふくろの味です。

犬の散歩中に、無人野菜売り場でビーツを見つけて嬉しくてすぐに買いました。
こんにちは、ローフードアーティストのEricaです。

ビーツは日本人にはあまり馴染みのない野菜ですが、最近はスーパーフードとして注目されており
その栄養価の高さから「奇跡の野菜」とも言われています。

ビーツは飲む血液?!

ビーツには一酸化窒素(NO)と呼ばれる成分が含まれています。この一酸化窒素は血液の循環を良くします。さらには血管自身を広げる作用もあり、脳梗塞や脳卒中などの血栓が原因となる病気を防ぐ働きがあります。

血流が良くなると体中に酸素を届けるための血液の量が増えます。その結果、疲労回復の効果があります。
血液の循環がスムーズにいくことで、冷え性の改善、代謝が上がりダイエットの効果も期待できます。

腸内環境を整える

ビーツには天然のオリゴ糖や食物繊維が含まれているので腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。さらにコレステロールや老廃物を排出する働きがあります。

肝臓を保護し、機能を高める

ビーツに含まれる甘味成分ベタインは肝臓機能を保護・強化します。肝臓への脂肪の蓄積を防いだり、ついてしまった脂肪を取り除くための働きを促進させる効果があります。

高血圧を予防する

ビーツに多く含むカリウムが高血圧を予防する働きがあります。

がんを予防する

ビーツのもつ赤色色素ベタシアニンはポリフェノールの一種です。強い抗酸化力があり、がん予防に効果があると言われています。

「飲む血液」と言われる由来は、見た目だけでなく栄養面でも大変優秀だからなんですね。

ビーツを使ったローフードレシピ

最強アンチエイジング!ビーツスムージーpart1
材料(1人分)
ビーツ      50g(皮をむき、スライスしたら軽く水にさらす)
ブルーベリー   30g
トマト      1個(食べやすい大きさに切る)
ぶどう    5〜6粒(種をとる)
全ての材料をミキサーに入れて攪拌する。

最強アンチエイジング!ビーツスムージーpart2
材料(1人分)
ビーツ    100g(皮をむき、スライスしたら軽く水にさらす
バナナ     1本
ブルーベリー  30g
豆乳     100ml
チアシード  大さじ2(水にふやかす)
チアシード以外の材料をミキサーに入れて攪拌する。
チアシードを上に乗せて、ミント、ぶどうを飾る。

ビーツの和風サラダ
材料                    
ベビーリーフ       2パック      
ビーツ          40g       
大根           30g 
黄パプリカ        30g       
レッドキャベツスプラウト 飾り用                       

すりごま         少々                             
1.ビーツ、大根、黄パプリカは短冊切りする。ビーツは軽く水にさらしておく。
2.洗ったベビーリーフと1を混ぜ合わせて、皿に盛る。
3.すりごまをかけて、レッドキャベツスプラウトを飾る。                                    
                               
 ドレッシング
タヒニまたは白ごまペースト   大さじ1
水                                                     大さじ2   
レモン汁            小さじ2
メープルシロップ        小さじ1
すりごま            小さじ1
しょう油            小さじ1/2
白みそ             小さじ1/2
しょうが            すりおろし少々
にんにく            すりおろし少々
1.全ての材料を混ぜ合わせる。固まりやすいようなら、味を見ながら水を足していく。

鮮やかピンクなスープ
材料(3人分)
ビーツ      50g(皮をむき、スライスして軽く水にさらす)
生とうもろこし  100g(芯から取った状態)
きぬ豆腐     150g
白みそ      小さじ1
塩        小さじ1/4
にんにく     1片(すりおろす)
水        30〜50ml
<飾り用>
シソの葉     適量
とうもろこし   適量
長芋のすりおろし 適量
1.飾り用以外の全ての材料をミキサーで攪拌する。
2.シソの葉、とうもろこし、長芋のすりおろしをスープの上に飾る。

奇跡の野菜ビーツを食べて血流の流れをアップさせ、血管年齢を若返らせましょう!