【ベルリン生活】ベルリンのピクニックであると盛り上がるものリストと必要ないものリスト

こんにちは、Erikaです。

毎年の夏休みには海へ海水浴へ行っていました。
むしろ、海水浴=夏休みぐらいの勢いです。

今年は初めてのドイツでの夏休み。
ドイツは北へいけばバルト海、北海に面しています。しかし、ドイツ語が超ビギナーの私にとって、ベルリンから離れる旅行はまだ壁が高い。

でもせっかくの夏休み、泳ぎたいよ〜。

海が恋しいベルリな〜達は、近場の湖で泳ぐのだとか。
そこで、家から30分ほどで行ける湖へ偵察に行ってきました。

ドイツの湖畔はまるでビーチ!?

やってきたのは、シュラハテンゼー駅です。See(ゼー)とは湖のこと。
シュラハテン湖駅、そのまんまです。

駅を降りると、緑に囲まれた奥に湖の姿がっ。湖は目の前です。
階段を降りると、、、そこはビーチでした。
水着をきたベルリな〜達が寝っ転がっています。
今日は曇りだというのに、みなさま日光浴のようです。

先の湖からは、キャーキャー楽しむ声が。

木にロープを吊るし、それに捕まって飛び込む。

ボートで湖の真ん中までいって飛び込む。

スタンドアップパドルボート(SUP)で湖の真ん中までいって飛び込む。

SUPで湖の真ん中まで行って、飛び込む人たち

ベルリな〜は、飛び込むのが好きなんだなぁ・・・。
まさに海水浴ならぬ湖水浴です。

面白いのがべるりな〜達が泳いでいる横で、ここの住人たち(カモさん)が泳いでいるんです。
自分たちの住まいに侵入者が入ってきているのに、住人たちは怒る様子も逃げる様子もなく一緒に泳いでいます。夏ぐらいは少しぐらい貸してやるか、、、といったところでしょうか。住人さん達、さすが太っ腹!

今日も賑やかね〜。

ドイツのピクニックで必要なものリストとあると盛り上がるリスト

湖で愛を語るふたり

私たちも湖畔でピクニックです。
湖ピクニックで持っていくリストをあげてみました。

ベルリン ピクニックに必要なものリスト

・敷物 (大きめの方が横になれるので便利です。)

・大きめのバスタオル (大きいサイズだと、着替える時の目隠し代わりにも使えて便利。)

・おしぼり (ウエットティッシュですとゴミになりますからね。)

・ランチボックス (やっぱりピクニックはサンドウイッチです。)

・飲み物 (お好きなドリンクを。)

・クーラーボックス (ドリンクだけでなく、夏はランチボックスも冷やしておくと良いでしょう。)

・フルーツ (手軽につまめるブドウやりんごなど、水分補給にもなります。)

・水着・浮き輪などビーチグッズ (湖で泳ぐ時は必要です。)

さらに、今回の偵察でドイツ人が持ってきていて、あると盛り上がるよね〜というものがありました。

ベルリン ピクニックにあると盛り上がるものリスト

・ミュージックプレイヤー (スマートフォンだと充電が直ぐに切れてしまうので、専用のものが良いです。)

・ハンモック (木に繋げて吊るします。ドイツ人かなりの確率でゆらゆらしていました。)

・ろうそく (女子会っぽいドイツ人グループが使っていました。おしゃれです。)

・卓球セット (なぜか湖の中でやっていましたが、盛り上がってましたよ〜。)

・トランプ (ここでやらなくても、なアイテムですが盛り上がってました。)

私もドイツ人に見習って、次回は盛り上がるリストを持って行こうかと思います!
夢は森の湖畔でハンモックに揺られながらの読書です。

さらに今回の偵察で、必要ないものもわかりました。

ベルリン ピクニックで必要ないものリスト

ベルリンの湖ピクニックで必要ないものといえば、ズバリ

羞恥心です。

私たちの隣で読書をしていた女性が、おもむろに服を脱ぎ始めました。
そして、全裸になり湖へ飛び込んでいったのです・・・。

私たちは、目が点(・・;)

他にもビキニを着ているはずの女性が、なぜかビキニの上だけなかったり・・・。
日本の海の家のような施設はないので、ナマ着替えも目の前で行われます。

ドイツ人、オープンすぎ。

日本人的感覚からすると、驚きが隠せません。
しかしドイツ人からすると、自然な場所でなるべく自然な状態(つまり全裸)で過ごしたいという願望があるようです。特に年配の方の脱ぎっぷりがよろしいようで・・・。

しかし、裸はよろしくない場所もあるので(ほとんどそうなのでは?)最近は問題もあるようです。

そんなカルチャーショックを受けつつ、

羞恥心ってなんなのだろう?と帰りの電車の中で哲学的になるErikaでした。