ベルリンのカフェで朝食メニューがいつでも注文できる人気カフェをご紹介

こんにちは、Erikaです。

平日は朝早くても、週末になると朝はゆっくり起きてカフェでブランチを食べるのがベルリン風です。

天気の良い日は、テラス席で朝食メニューを食べながら1時間以上おしゃべりしたり、本を読んだり、時にはお酒も飲んだり、自由でのんびりとした空気の漂うカフェがベルリンにはたくさんあります。

搾りたてのフレッシュジュースやオーナーの手製ケーキなど、手作りのものにこだわった人気のカフェをご紹介します。

ベルリンのカフェで朝食メニューが人気のBetty’n Caty

Betty’n Catyがあるプレンツラウアーベルク地区は旧東ベルリン側ですが、今では小さい子連れのファミリーが多く住む人気のエリアです。センスの良いセレクトショップや、インテリアにもこだわるおしゃれなカフェが軒を連ねています。

Betty’n Catyのテラス席は満席で賑わっていました。

天気の良い日はみなさんテラス席に座るのが大好きです。

店員さんに「予約をしていますか?」と聞かれ、予約はしていませんでしたが、タイミングよくテラス席が空いたのでそちらに座ることができました。近くでは毎週木曜日と土曜日にエコマルクトが開催されていおり、買い物帰りのお客さんもいました。

店員さんは英語OKでした。メニューも英語表記のものを持ってきてくれました。

↑こちらがメニュー、朝食メニューが一番上に書いてあります。

↑ドリンクもフレッシュジュース類が充実しています。

人気メニューはクロワッサン、オレンジジュースとミニカプチーノがセットになったミニ朝食セットでした。しかし、私が朝食メニューの中でチェックしていたのが、「アボカドとポーチドエッグのせブレッド」です。

しっかりとした食べ応えのあるドイツパンの上に、たっぷりのアボカドとその上にはポーチドエッグがのせてあります。

↑ポーチドエッグを切った直後


搾りたてオレンジジュースとプラムケーキ
オーナーママ手作りのプラムケーキは、ドイツのドアノブのようなずっしりとした存在感のある味でした。

その他にも、アサイーボウルやミューズリー、サラダセットなど種類は豊富で迷ってしまいます。これはお客さんを何度も通わせて常連になってもらう、お店の戦略なのかもしれません。

↑天気の良い日は、店内席はガラガラ

↑商品の見せ方もオシャレ

朝食メニューは夕方5時半までオーダーできます。もはや朝食メニューではない気がしますが・・・。
週末はブランチを楽しむ地元ベルリナーがたくさん来て混み合うので、早めの午前中か平日がおすすめです。平日は週替わりのランチメニューもあります。

Betty’n Caty
最寄駅:U2 ゼーネフェルダープラッツ(Senefelderplatz)駅から徒歩9分
営業時間:8:00(土日9:00)〜18:00、無休