美白効果には栗の渋皮煮、冷え性にも効く女性にうれしい秋の味覚「栗」を食べよう

秋の味覚の代表といえる栗、女性は栗スイーツを好きな方が多いですよね。この時期は私の散歩ルートに山栗をたくさん見かけます。

先日、ご近所さんから栗をいただきました。こんにちは、ローフードアーティストのEricaです。

私は栗の渋皮煮が大好きです。
栗の渋皮煮を食べると美白効果があると最近知りました。
これはちょっと手間がかかっても作らなければ!

栗の渋皮に美白のヒミツあり

栗の一番外側の硬い部分は「鬼皮」と言います。鬼のように硬いからでしょうか。面白い名前です。鬼皮を剥くと「渋皮」が出てきます。渋皮は名前の通り、食べると渋っ!となり、口の中が変になるあの渋さです。

実はこの渋皮に美白効果のヒミツがあります。この渋い部分には抗酸化作用のあるポリフェノールの一種タンニンが含まれています。タンニンは体内に過剰になった活性酸素を除去し、老化を防ぐ働きがあります。

さらにシミの原因であるメラニンを抑制する作用があるので、美白効果も期待できるのです。せっかく美容効果のある渋皮を剥いてしまっては勿体無いです。栗は渋皮ごといただくのがポイントです。

冷え性にも効く栗の効果

栗は薬膳でいうと「温」の性質を持っています。「温」とは体を穏やかに温める作用があります。血液の流れを良くして体を温め、冷えを改善する効果があります。

その他にも、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維などが含まれています。特に栗のビタミンCは加熱しても壊れにくいので、ローフードじゃなくてもしっかり摂取できます。ビタミンCも美肌効果の高いビタミンです。

美肌・美白効果、冷え性改善の高い栗、女性が好きなのも納得です。女性は直感でわかるんですね。

栗の調理は皮むきが大変です。そして手間もかかります。しかし手間をかけたからこその絶品ができるのです。そして旬のものは栄養価も高くその効能も高まります。

ふっくらとしたツヤのある栗が売っているのは今だけ。秋の夜長にゆっくりとお茶でもしながら栗の渋皮煮を作ってみませんか。

初めてでも作りやすい!栗の渋皮煮レシピ

材料
栗     900g 
きび砂糖  400g
重曹    小さじ3

1.栗をボウルに入れてお湯につけておきます。こうすると硬い鬼皮が剥きやすくなります。

2.お湯が冷めてきたら、皮を剥きます。栗のお尻側から剥いていきます。今回は栗剥き器を使いました。栗剥き器を使わなくても包丁でも剥けます。包丁の刃を深く入れすぎると渋皮まで剥けてしまうので、軽めに鬼皮だけ剥きましょう。

    

3.鍋に2の栗と水をヒタヒタになるまで入れ、重曹小さじ1を加えて火にかけます。グラグラと沸騰させると皮が剥がれてしまうので、必ず弱火で煮ましょう。

4.15分ほど煮たら煮汁を捨てます。たっぷりの水につけて、栗に付いている皮や筋をとります。指の腹で優しくこするとキレイにとれます。

5.3、4の工程を3回繰り返します。重曹は1回目だけに使います。ここを乗り越えれば美味しい渋皮煮までもう少しです。

6.栗を入れた鍋に栗がかぶるくらいまで水を入れます。砂糖を3回に分けて加えていきます。

7.30ー40分ほど弱火で煮込んだら完成です。そのまま冷めるまで放置しておきます。

 

ほっこりとした甘みがたまらない栗の渋皮煮。美白効果があるとはいえ砂糖もたっぷり使っているので、食べ過ぎには注意しましょうね。