ベジタリアンにうれしい特別機内食のバライティ豊かなエディハド航空がおすすめです

こんにちは、Ericaです。

この度、色々な想いがあって、ドイツのベルリンに住んでみることになりました。
以前から、言葉も文化も全く異なる海外で生活してみたいと思っていました。
そして3.11後に、原発廃止を決めたドイツという国に興味を持ちました。そして今回ドイツへ出発することになったのです。

想いは現実になります。

私は現在42歳ですが、年齢など関係ありません。人間いくつになっても挑戦できるものです。

「年齢は記号のようなもの。」とあるモデルさんが言ってましたし。

そんなわけで、今回利用したエディハド航空の特別機内食がとてもバライティー豊かで充実していたので紹介します。

ベジタリアンにうれしい、特別機内食の充実っぷり

今回利用したエディハド航空は、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国アブダビを本拠地とする航空会社です。アラブ首長国連邦はイスラム教を国教としており、食べ物について厳しい決まりごとがあります。例えば、アルコールや豚肉は禁止です。牛肉や鶏肉など他の食べ物もハラールというイスラム法により許可されたもの(お祈りされたもの)でないと食べることができません。

エディハド航空で提供される機内食は全てイスラム教の戒律に従って調理された「ハラール食」となっています。これだけでも、日本人にとっては特別食になりますね。

エディハド航空では、宗教上の理由だけでなく、糖尿病など医療上の理由や、健康に気をつけている方などにも対応しており、バライティー豊かな特別食があります。

中でも、ベジタリアンにうれしい特別食を紹介します。

ベジタリアンジャイナミール
・根菜でない野菜のみが含まれます。
・玉ねぎ、生姜、にんにく、じゃがいも、人参などの根菜類、動物由来の食品は含まれません。
・アジア料理風に調理されています。
・インドの厳格なベジタリアンのお客様には安心してお召し上がりいただけます。

ベジタリアンミール
・あらゆるタイプの果物と野菜が含まれます。
・動物性油脂を使用しないビスケットなど、肉類、魚、動物由来の成分は含まれません。
・乳製品は含まれません。

アジアンベジタリアンミール
・あらゆるタイプの果物、野菜、および乳製品が含まれます。
・肉類、魚類、卵は含まれません。
・亜大陸の風味で調理されています(やや辛口~辛口)。
・ヒンズーミールとしてもお召し上がりいただけます。

ベジタリアンオリエンタルミール
・果物と野菜が含まれます。
・肉類、魚類、卵、乳製品は含まれません。
・中華風に調理されています。
・東洋のベジタリアンのお客様は安心してお召し上がりいただけます。

グルテンフリーミール
・肉類、鳥肉類、魚類、ご飯、野菜果物、とうもろこし、ジャガイモ、乳製品、チョコレート、乾燥豆類が含まれます。
・塩・こしょう、ハーブ、香辛料、砂糖、保存料、マーガリン、タピオカ、植物油が含まれます。
・小麦、大麦、ライ麦、オート麦などの食品に含まれるグルテン(およびグルテンのたんぱく成分であるグリディアン)の摂取に制限のあるお客様は安心してお召し上がりいただけます。

ラクトオボベジタリアンミール
・乳製品が含まれます。
・肉類または肉加工品、魚類、鳥肉類、またはラードやゼラチンを含む食品は含まれません。
・肉類を食べないが、チーズを含む乳製品を食べられるお客様は安心してお召し上がりいただけます。

生野菜ミール
・主に、生野菜、サラダなどのお食事です。

フルーツプレート
・新鮮な季節の果物です。
・断食中または食事制限の必要のあるお客様は安心してお召し上がりいただけます。

エディハド航空 特別食

いかがですか!
ベジタリアンミールのなかでも、アジアン風、オリエンタル風と別れています。肉は食べないけどチーズなど乳製品は食べるラクトオボベジタリアンにも対応しています。他にも糖尿病患者に対応している特別食もありました。

私は、グルテンフリー対応が良かったのですが、マーガリンを使っているのでやめました。ローフーディスト対応の生野菜ミールもありましたが、サラダだけではつまらないので、今回はベジタリアンオリエンタルミールをリクエストしました。

それがこちらです。

成田発17:55でしたので、ちょうど夕食の時間帯です。サラダとフルーツ、メインは中華風焼きそばでした。なかなかの味でしたが、焼きそばにパンと炭水化物多めでした。

アブダビ到着前の軽い食事はお粥でした。味付けがほとんどされていないので、塩・こしょうをかけて食べました。

アブダビ →  ブリュッセル間は約7時間半のフライトです。AM2:35発でしたので、機内食が配られた頃は爆睡でした。

目がさめると、紙袋の中に軽食が入ってました。子供もいたので、クッキーも入ってました。この様な軽食はすぐに食べずに持ち運べるので助かります。

そして、ブリュッセル空港へ到着する前の軽食がこちら。

オリエンタルベジタリアンフードの軽食=お粥なのでしょうか。2回目のお粥です。しかし、日本出発からのお粥よりも美味しかったです。不思議・・・?

ブリュッセル →  ベルリン間は1時間20分ほどのフライトなので食事はありませんでした。飲み物も無料ではありませんでした。

成田から出発して、アブダビ、ブリュッセルと2回経由しました。待ち時間も合わせて合計32時間のフライトでした! 長かったですが、途中のブリュッセル空港ではお店やカフェもたくさんあり、Wifiも繋がるので快適に時間を過ごすことができました。

        

機内食のリクエストは航空会社へ直接しよう 

私は航空券のチケットは楽天トラベルから予約しました。楽天トラベルでは特別機内食のリクエストはやってくれません。自分で予約した航空会社へ直接リクエストします。

と言っても、Web上で簡単にリクエストできます。エディハド航空のサイトを開いて、マイトリップの予約確認のところをクリックし、予約番号と姓名を入力します。予約内容が出てきますので、希望する特別食を選択すればOKです。

機内食のリクエストは出発日の24時間前までに行いましょう。出発日の1週間前には航空会社からメールがくるので、その時に行うとベストです。

旅行会社のカウンターで予約する際は、機内食のリクエストは旅行会社が代理で行ってくれます。

飛行機の中で食べる食事は特別感があって楽しいものです。

「ビーフ? or チキン?」だけの選択でなく、自分の希望する食事が出てくると嬉しいですよね。

また特別機内食をリクエストすると、キャビンアテンダントが先に持ってきてくれますので、早く食べることができます。

次回の旅行では、特別機内食をリクエストしてみるのはいかがでしょうか。
旅の想い出のひとつになりますよ。