がん予防効果の高い野菜の王様はニンニク あの強烈なニオイの素にヒミツあり 簡単ニンニク保存食レシピ

ニンニクと言えばスタミナがつく、元気の源として疲れた時にニンニク料理を食べたりしますね。栄養ドリンクにもにんにくの成分が使われています。スペイン料理や韓国料理などニンニクの独特の香りや旨味が欠かせない料理もたくさんあります。

そろそろニンニクを植える時期が迫ってきました。こんにちは、ローフードアーティストのEricaです。

ニンニクは美味しいけれどニオイが強烈なので、仕事中のランチでは食べれないなんてことありますよね。しかし、あの強烈なニオイにこそニンニクのさまざまな効能が隠されていたのです。

がん予防効果の高い野菜の王様はニンニク

1990年にアメリカの国立がん研究所(NCI)では、植物性食品による発がん予防研究が始まりました。これは「デザイナーズフーズ・プログラム」と呼ばれています。

この研究では、植物性食品に含まれる成分が、がんの発生を未然に防ぐ効果の高いものがあると認められました。そして約40種類ほどの野菜・果物を発がん予防の高い順にピラミッドに表したものを「デザイナーフーズ・ピラミッド」と言います。

出典:健康サポート専門店

みてください!

ピラミッドのトップに君臨しているのはなんと「ニンニク」なんです。特にニンニクに含まれる成分は、大腸がんなどの消化器系のがんに対して予防効果が高いです。

がん抑制作用の高い野菜の王様である「ニンニク」にはどんな栄養成分が含まれているのでしょうか。

強烈なニオイの素がにヒミツがあった

ニンニクを食べると歯を磨いても取れない強烈なニオイ・・・。あの強烈なニオイこそがニンニクの効能の中心となる成分が含まれているのです。

ニンニクを切ったりすりおろすことによって、アミノ酸の一種であるアリインがアリシンなどのイオウ化合物に変化します。ニンニクにはイオウ化合物を中心とした抗酸化物質が15種類以上も含まれています。

ニンニクにはがん予防効果以外にも、優れた効能があります。

  • 殺菌・抗菌効果

    ニンニクに含まれるアリシンを中心としたイオウ化合物が強力な殺菌・抗菌効果を発揮します。この強力な殺菌・抗菌作用により、病原菌や悪玉菌などをやっつけて様々な病気から体を守るのです。カツオのタタキにニンニクスライスが付いているのもわかりますね。ただし殺菌・抗菌作用が強力すぎるので、食べ過ぎるとお腹を壊します。生で食べる場合は多くても2片までが良いでしょう。

  • 日本人に不足しやすいビタミンB1の吸収を高め、疲労回復効果

    ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換させる働きがあります。ビタミンB1が不足すると、疲れやすい、やる気が出ない、イライラしやすいなどの影響が出ます。またビタミンB1は吸収率が低いという特徴があります。ニンニクに含まれる成分とビタミンB1が結びつくことによってビタミンB1の吸収を高めることができるのです。ビタミンB1は豚肉に多く含まれ、豚肉とニンニク使えばビタミンB1を効率よく吸収することができます。

  • 強力な抗酸化物質によるアンチエイジング効果

    ニンニクに含まれる様々な抗酸化物質が、体内に過剰に溜まった活性酸素を除去する効果があります。過剰に発生した活性酸素はしみ・しわなどの老化の原因となる有害物質であり、ニンニンを食べることによってアンチエイジング効果が期待できます。

    その他にも、血液サラサラ効果、冷え性改善、食欲増進、二日酔い予防・改善など現代人にとって欠かせない食材なのです。

簡単ニンニク保存食レシピ

今年も我が家ではニンニクを200個ほど収穫しました。我が家で毎年作る簡単なニンニク保存レシピを初公開します。

【ご飯のお供に!ニンニクみそ】  
材料(作りやすい量)
ニンニク   100g
醤油     180ml
きび砂糖   100g
米こうじ   1合

1.ニンニクは皮を剥いて、蒸し器でむす。

2.ニンニクと醤油をミキサーに入れて混ぜる。

3.鍋に2ときび砂糖、米こうじを入れて混ぜ、米こうじが柔らかくなるまで置いておく。

4.火にかける。弱火で30分くらい混ぜながら煮詰める。

【作ったらあとは待つだけ!醤油ニンニク】
材料
ニンニク  瓶に入る量
醤油    適量

1.ニンニクは皮を剥いて、適当な瓶に詰める。

2.ニンニクがひたひたになるまで醤油を入れる。

3.冷蔵庫へ入れて一年ぐらい放っておく。

我が家の三年ものの醤油ニンニクです。三年も置いてると醤油がニンニクにじっくりと染み込んでいます。チャーハン、パスタ、ドレッシングにも大活躍です。

生のニンニクはすりおろして、ドレッシングで良く使います。ガンの発生を未然に防ぐのに効果的なニンニクは、毎日食べたい食材です。