「東椎屋の滝」の駐車場は滝見苑の無料駐車場に停めよう 九州華厳と称される日本の滝100選の一つ

「裏見の滝」と言われる福貴野の滝の後に、滝巡りと称してもう一つ行ってきました。

こんにちは、滝マニアになりそうなローフードアーティストのEricaです。

福貴野の滝、東椎屋の滝、西椎屋の滝は「宇佐の三滝」と呼ばれています。東椎屋の滝だけはなぜか公共の駐車場が有料です。

東椎屋の滝へは滝見苑の無料駐車場へ停めよう

安心院から別府方面へ国道500号線を走って行くと「東椎屋の滝」の看板が見えてきます。途中に大型バスとすれ違ったので、バスツアーでも訪れるようです。目的地付近に行くと、「滝見苑」という食事休憩と宿泊施設の駐車場が「P無料」とありました。その先の看板を見ると、「公共駐車場はさらに上にあります」とあるので入り口から近い方が良いだろうと公共駐車場へ行きました。

しかし!公共駐車場は有料だったのです。300円と高い金額ではありませんが、他の滝巡りでは無料駐車場だったので、なぜか腑に落ちない気持ちになりました。少しだけ離れていますが「滝見苑」の駐車場へ停めました。滝見苑に停めたからといって必ず何か注文しなくてはいけないというわけではありません。それどころか、快くトイレを借りることができました。

東椎屋の滝は栃木県日光にある華厳の滝と似ていることから「九州華厳」と称されています。日本の滝100選の一つであり、高さ85mの高さから流れ落ちる様子は見事です。滝つぼまでの散策ルートは、宮崎県高千穂にある天安河原(あまのやすかわら)の洞窟までの道に少し似ていました。途中には自然のウオータースライダーがあってここでも水遊びをしたくなりました。

途中の水流に癒されながら10分ほど歩いて行くと、太陽の光が滝上から降り注いだ、美しく繊細な滝が見えてきました。パワースポット全開です。「THE ・滝」とも言える美しさでした。「九州華厳」と呼ばれるのも納得できます。

滝のマイナスイオンと森のフィトンチッドでココロとカラダをほぐそう

滝の周りは自然のミストによりマイナスイオンを多く含む空気に囲まれています。マイナスイオンを多く含む空気が体内に入ると、日頃スマートフォンやパソコンなど電磁波に囲まれた生活を過ごす私たちにとって、リラックス効果があると言われています。

滝が流れる場所は、森林の多い場所でもあります。東椎屋の滝も周りは保安林に指定されている森林でした。森の中には「フィトンチッド」と呼ばれる植物から出る香りが多く含まれた空気が溢れています。この「フィトンチッド」はリラックス効果、自律神経系を正常に戻す効果、血圧・心拍数を安定にする効果などがあります。森林に入ると日常とは違う空気を感じるのは「フィトンチッド」が多く漂っているからなのです。

滝へ訪れたら、ぜひ深呼吸をしてみてください。滝のマイナスイオンと森のフィトンチッドに溢れた空気をおもいっきり吸って日頃の凝り固まったココロとカラダをほぐしに出かけましょう。

次回は「西椎屋の滝」へ訪れて、「宇佐の三滝」を制覇したいと思います。