【ベルリン観光】ベルリンのビール祭り インターナショナル・ベルリン・ビアフェスティバルで一番最初に買うべきモノとは

こんにちは、Erikaです。

暑い夏には、冷た〜いかき氷?

冷んやりアイスクリーム?

キンキンに冷えたラムネ?

いやいや、大人の夏はビールに枝豆でしょ。

ビール大国のドイツ。
量が多くて、値段がお手頃なのがドイツビール!水より安いかも?

ビール祭りといえば、ミュンヘンのオクトーバーフェストが有名です。
しかし、ベルリンにも「世界最長のビアガーデン」と言われるビール祭りがあるんです。

ベルリンのビール祭り インターナショナル・ベルリン・ビアフェスティバルとは

ベルリンのビール祭りは毎年8月最初の週末3日間だけ開催されます。今年で22回目の開催となるインターナショナル・ベルリン・ビアフェスティバル。いやー意外にも歴史あるんですね。知らなかったです。

旧東ベルリン側の大通り沿いに、世界90カ国から350店舗のビール醸造所スタンドがずらりと並んでいます。その距離なんと約2.2km!「世界最長のビアガーデン」としてギネスブックにも認定されているようです。

飲めるビールはなんと2400種類!
・・・うーん、3日間じゃ飲みきれないでしょう?!

今年のテーマは、

「世界の向こう側のビール」

なんだかよくわかりませんが、世界の向こう側のビールが飲めるよ!ってことらしいです。そして世界の向こう側のビールは、ニュージーランドのビールだそうです。

これって、日本の裏側がブラジルと言われるように、ドイツの裏側がニュージーランドの近くで、それを世界の向こう側と言っているのではないかと思われます。

まあビール愛好家としては、そんなことはどうでも良くて、美味しいビールを堪能してきましたよ!

ベルリンのビール祭りで一番最初に買うべきモノとは

ビール祭りでも、キャラクターは”くま”

ビール祭りなんだから、一番最初はビールでしょ?と思いますよね。

ドイツのビール、生ビール1杯の量が多い!
1杯でお腹がタプタプになってしまいます。せっかくのビール祭りですから、いろんな味を楽しみたいですよね。

そんな時は、飲みくらべ用のビールジョッキ(3.5ユーロ)をまず始めに購入しましょう。これさえあれば気になるビールを気軽に試せます。200mlサイズのお手頃な量で、ジョッキなのでビール気分も味わえます。

ドイツ人はこのお試しジョッキをネックストラップに引っ掛けて歩いていました。気になるビールスタンドがあれば、ネックストラップから外して注いでもらっていました。ビール祭りの上級者レベルです。

お試しジョッキは地下鉄U5のシュトラウスベルガー・プラッツ駅を降りた近くのインフォメーションデスクで販売していました。買った時のお試しジョッキは冷えていませんが(それどころか熱かった)、安心してください。お店でビールを注文すると、水で冷やしてくれます。

↑まずは大好きな黒ビールでProst(乾杯)!

↑看板娘もカワイイです。

↑ベルギーのチェリービールです。甘い系が好みです。

↑今年のテーマ、ニュージーランドビールは大人気!

↑これがニュージーランドビール。ハーブの爽やかな香りがしました。

↑世界中の瓶ビールが売っています。

↑ドイツのローバウという都市のクラフトビール。

↑ビールのツマミ、フード屋台も充実しています。

↑白ソーセージ

↑ベルリンビール祭り、オリジナルTシャツでしょうか。

↑アフリカビールに初挑戦。パッションフルーツビール。

↑大人ばっかり!と怒られそうなので、娘にはショコラーデを注文し、きげん良くしてもらいました。

 

ベルリンのビール祭りでは、至る所で生演奏バンドが聴けます。場所によってご年配向け、若者向け、カントリー調、ロック系、ヘビーメタル系と別れていました。

↑マダム達がノリノリに踊っていました。

↑カントリー調な雰囲気

↑若者系バンド

↑イベントでは定番?の全裸系

自分好みの生演奏を聴きながらのビールは最高です。

ビール愛好家にとってはたまらないイベント。
このイベントに合わせてベルリンに遊びにくる価値はあります。

インターナショナル・ベルリン・ビアフェスティバル
日時:毎年8月最初の週末3日間(金〜日曜日)
場所:地下鉄U5 シュトラウスベルガー・プラッツ駅とフランクフルター・トーア駅の間約2.2km