別府八湯めぐり 亀川温泉の一度は行っておきたいおすすめの日帰り温泉

寒くなってきました。
こんな季節は温泉に浸かってほっこり温まりたいですね。

朝起きたら、あたり一面が雪景色でした。
こんにちは、ローフードアーティストのEricaです。

日本一の温泉地といわれる別府温泉。別府には道を歩けば温泉場にあたるくらい共同温泉場が多くあります。こちらでは明るい時間帯から、お風呂セットを持ったおじちゃんおばちゃん達をよく見かけます。別府では温泉は市民みんなの財産として共同温泉場が発展していき、ご近所さんとの「裸の付き合い」が日常生活として根付いていったようです。

別府の温泉は約2300もの源泉があり、これは日本の源泉の1割にあたります。市内の代表的な温泉地域を8つのグループにわけたことから、「別府八湯」と呼ばれています。

別府では「志(こころざし)高き温泉好き」のために作られた「別府八湯温泉道」というものがあります。
これは市内の指定された140湯のうち88湯に浸かり「スパポート」と呼ばれるスタンプ帳にスタンプを集めることで、「別府八湯温泉道名人」の称号を与えられます。「お遍路」ならぬ「湯遍路」をして、楽しみながら別府八湯を満喫することができます。

別府八湯とは

明礬温泉

わらぶきの「湯の花小屋」からは白い噴煙が立ちのぼり訪れる人を楽しませてくれる。江戸時代は「明ばん」の採取地で質量とも全国一になり、採取事業の隆盛とともに湯治場として発展した。
今は名産の「湯の花」とともにザボン湯も有名で湯の香りと甘酸っぱい香りが鼻孔をくすぐり、肌もつるつるになると大好評。

鉄輪温泉

八湯の中で最も温泉場らしく感じられる鉄輪温泉はおびただしい湯煙が立ちのぼり、まさに別府を象徴する景観である。
鎌倉時代「玖倍理湯の井」といわれた荒地獄を一遍上人が開発、その一遍上人創設の「むし湯」付近が鉄輪の中心地で、狭い道の両側には、多くの共同浴場・旅館・土産品店がひしめいている。さらに鉄輪独自の入湯貸間旅館も健在で、遠来の入湯客が絶えない別府の代表温泉地である。

柴石温泉

895年に醍醐天皇が、1044年には後冷泉天皇が病気治療のためご湯治されたと伝えられている。江戸時代に柴の化石が見つかり、「柴石」と呼ばれるようになった。
市営柴石温泉は平成9年4月ふれあい・やすらぎ温泉地として装いも新たにオープンした。温度の違う2つの温泉や露天風呂、蒸し湯が楽しめ、家族湯も新設された。優れた自然景観は近くに森林遊歩道を有し、鉄輪・明礬と共に国民温泉保養地に指定されている。

亀川温泉

江戸時代の豊国紀行に「里屋に温泉有り、塩湯なり里屋村を又亀川村という」と記されていて、海岸に豊富な温泉が湧出し天然砂湯は亀川温泉の名物であった。又、その頃は別府の北の玄関として豊前小倉への交通の要衝でもあったため旅人の疲れを癒す湯治場として栄えた。
現在は一遍上人が上陸したといわれる上人ヶ浜公園の一角に市営の別府海浜砂湯が有り、周辺には温泉を活用した病院や療養施設、保養所を数多く有している。

別府温泉

伊予国風土記に「速見の湯」として記されているが本格的脚光は江戸時代である。明治に入ると別府湾の築港、日豊本線や別大電車の開通、又、掘削技術の導入等で泉源数、温泉施設・温泉宿とも増加した。さらに大正・昭和と温泉施設も充実、次第に市街地が拡大されて別府八湯の中心となる。
又、別府温泉のシンボル竹瓦温泉を有し、毎年4月に行われる温泉まつりは別府市民の総参加の祭りで、この界隈を中心に行われる。

浜脇温泉

別府温泉発祥の地で浜から温泉が湧き出る様子から「浜わき」の地名が生まれた。鎌倉初期には、朝見八幡の創立、江戸時代には港町・温泉町・門前町として陸海交通の要衝で急速に発展。今でも昔風の旅館が並び、明治・大正時代の花街の名残もとどめている。
平成3年には、再開発事業の一環として、浜脇温泉と多目的温泉保養館の「湯都ピア浜脇」がつくられ、急速に現代的な顔に変わろうとしている。

観海寺温泉

温泉場としては鎌倉時代に発見され、江戸時代の豊後国志に「観海寺に行くには交通は極めて不便だが、景勝は壮観なので浴客が盛んに訪れている」とあり、海抜150m別府八湯のうちでも一番見晴らしが良い。
昭和6年の大火後、復興し観光温泉場として急速に発展。現在では別府を代表する大型リゾートホテルが連立し、レジャーの殿堂となっている。又、地熱の利用も盛んで、照明、暖房等に活用しているホテルもある。

堀田温泉

湯治場として江戸時代に開かれ、その頃立石の湯から堀田温泉と呼ばれるようになった。
豊富な温泉に恵まれていた堀田温泉は、湯布院・日田あるいは太宰府等へ通じる交通の要衝であったため、長旅の疲れを癒す旅人たちの憩いの場として栄えた。今でも田んぼや谷あいから盛んに硫気が噴き出していて、豊富な温泉は市内に給湯されている

出典:別府市温泉課 別府八湯ガイド

亀川温泉 去年リニューアルしたピカピカの市営温泉

別府八湯のうち亀川温泉のオススメは「亀陽泉(きようせん)」です!

こちらは災害で埋没していたのですが、明治時代に再発見されて、当時は「新湯」と呼ばれていました。
そして平成28年にリニューアルして再々(?)オープンとなった「亀陽泉」。施設は玄関から温泉場、トイレまで完全バリアフリーという別府市のホスピタリティの高さが受け取れます。そして、なんと言ってもピカピカな施設。昔ながらの共同温泉は脱衣所と入浴場が一体となったところが多いです。初めてですと、着替えてるところ見られてる?なんて気になってしまいます。安心してください。リニューアルした「亀陽泉」は脱衣所と入浴場はもちろん別々になっています。観光客も気兼ねなく立ち寄れる市営温泉の一つです。

浴槽は入り口から手前が「あつ湯」、奥が「ぬる湯」と別れています。

別府の温泉の特徴のひとつは湯が熱いです。

そして別府市民は「あつ湯」を好みます。熱いからといってやたらに水を足すことはできません。なぜなら「源泉 かけ流し」ですから、加水すると温泉成分が薄まってしまいます。そしてここは市営温泉です。別府市民好みの「あつ湯」を簡単にぬるくすることはできないのです。

そのような理由から、「あつ湯」と「ぬる湯」に別れているのではないかと推察します。

ちなみに今日の「ぬる湯」は42℃、「あつ湯」は45℃でした。

・・・45℃、入れますか? 私は入れません。

余談ですが、リニューアル前の「亀陽泉」は亀の甲羅型の大きな浴槽でした。「あつ湯」と「ぬる湯」には別れていませんでしたが・・・。外には突起部分が丸出しのマッサージチェアが置いてあって、外観も昭和のノスタルジックな雰囲気に共同温泉場ぽさが出ていました。昔の面影が一切なくなってしまったのは、少し寂しいです。

亀陽泉(きようせん)

  • 市営温泉
  • 泉質:単純温泉(ツルツル美白効果のメタケイ酸193mg)
  • 住所:別府市亀川中央町10番26号
  • 電話:0977-66-2666
  • アクセス:JR亀川駅から徒歩で約8分
  • 料金:大人210円、小人100円(小学生未満は無料)
  • 営業時間:6:30〜22:30
  • 休館日:第1水曜日(祝日の場合翌日)