暴飲暴食の翌日はハーブティーがおすすめ。胃腸の疲れに効くハーブティーを使ったスムージーレシピ

こんにちは、Ericaです。

日本ではゴールデンウイークが明けて、日常の生活が戻って来てますね。

ゴールデンウイーク中は、いかがお過ごしでしたか?

旅行へ行ったり、実家へ帰ったり、気のおけない仲間達とバーベキューをしたり・・・。
休日はいつもと違う時間を過ごすので楽しく、リフレッシュもできますが、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりして、食が乱れてしまいがちです。

ちょっと食べ過ぎたな・・・、飲み過ぎたな・・・。
そんな時は胃の調子を整えてくれるハーブティーがおすすめです。

ドイツには、ドラッグストアーへいくと沢山の種類のハーブティーが売っています。風邪や喉の痛み、胃腸、肝臓・胆汁、膀胱炎など症状別にハーブをブレンドしたハーブティーも豊富です。

ハーブティーを使った、スムージーもおすすめです。

胃腸の疲れ、消化不良に効くハーブティー

  • カモミール(Chamomile)

    白と黄色のコントラストが可愛らしいキク科の植物です。見た目の可愛さとは裏腹に、繁殖力がとても強く生命力の高い植物です。食べ過ぎや、ストレス性の下痢など胃腸の疲れを改善する効果があります。他にも熱や風の症状、不眠症や甲状腺にも有効であるといわれています。
    また、弱っている植物の近くにカモミールを植えると、その植物が元気になるとも言われています。他の植物にとっても症状を改善してくれる薬のような存在なんですね。

  • ペパーミント(Peppermint )

    ガムやキャンディなどでも馴染みのある植物です。食べ過ぎ、飲み過ぎた時に消化機能を活発に促進する効果があります。ハッカのスーッとした清涼感は、吐き気予防、口の中もさっぱりとします。

  • アニス(Anis)

    セリ科の一年草植物です。日本ではあまり馴染みがありませんが、消化の働きを促進し、胃もたれを予防する効果があります。また口臭予防にも効くので食後に飲んだり、アニスを直接口に含む国もあります。

  • フェンネル(fennel)

    フェンネルは消化にとても良いハーブです。インドで口直しの食べ物としても有名です。。消化促進作用、胃や腸内ガスの改善にも有効です。

  • キャラウエイ(Caraway)

    セリ科の植物で、歴史が古く石器時代から栽培されていたようです。優れた消化作用があり、食べ過ぎの胃もたれ予防に効きます。また、アニスと同じく口臭予防にも効果があります。

ハーブティーを使ったスムージーレシピ

オレンジ&カモミールスムージー
【材料】
バナナ   1本
オレンジ  1個
ミニトマト 3個
カモミールティー 100ml(熱湯で抽出したものを冷ましておく)

1.バナナ、オレンジ、ミニトマトを適当な大きさに切って、カモミールティーと一緒にミキサーに入れて混ぜる。

オレンジは腸内の働きを整え、軽い下痢や便秘にも効果があります。またビタミンCが豊富で、柑橘系の爽やかさが気分をリフレッシュさせてくれます。
カモミールティーは味にクセが少ないので、スムージーとの相性が良く、飲みやすいです。