九州にもスキー場がある?!九州の有名なスキー場のひとつ九重森林公園スキー場へ行ってきました

明けましておめでとうございます。
2018年、私の大好きな犬、戌年です。

ところで、新年のはじめは神社でおみくじを引いたり、雑誌には2018年あなたの運勢などの特集があったりします。

私は11月11日生まれの「蠍座の女」です。今年の蠍座は拡大と成長の星・木星が約12年ぶりに蠍座に巡ってくるとのこと。石井ゆかりさんの星読みによると、木星が巡ってくると今までの自分から急激に成長して人生の扉を開く年になるのだそうです。

悪い占いは気にしませんが、良いことは大いに信じるタイプです。今年は、今までの自分から「脱皮」して人生の扉を切り開く年になりそうです。

今年も「たびするカラダ」ローフードアーティストEricaをよろしくお願いします。

九州にある有名なスキー場のひとつ、九重森林公園スキー場

2018年、お正月は大分県唯一のスキー場、「九重森林公園スキー場」へ行ってきました。
九州にもスキー場があるってご存知でしたか?

九州というと日本の西側に位置し、暖かいイメージがありますよね。しかし、九州にはそれなりの標高がある山々があるので、ウインタースポーツも楽しめちゃうのです。

九州には、3つのスキー場があります。宮崎県の五ヶ瀬ハイランドスキー場、福岡県と佐賀県の県境にある天山スキー場、そして大分県の九重森林公園スキー場です。

大分自動車道湯布院ICからやまなみハイウェイを走って、八丁原地熱発電所を通り過ぎると到着です。湯布院からだと車で約1時間です。

お正月の休み中なので、とても混んでいました!
車のナンバーを見ると県外からのお客さんが多かったように思います。

こちらのスキー場は、初級・中級コースが充実しています。特に初心者におすすめなのが、100mの動く歩道です。空港によくある平らなエレベーターのようなアレです。動く歩道に乗るのは、都度スキー板を外さないといけないので、それが面倒ですが、初心者や子供には安心して乗り降りができます。また、動く歩道だけの利用でリフトに乗らなければ、入場券のみで利用することができます。

右側にあるのが動く歩道

我が娘は今回が2回目のスキーでした。前回は動く歩道を何度も乗って練習していました。今回はリフトデビューです。リフト利用ですので、入場券 + 4時間券の利用料金です。

10歳の子供でスキー経験が2回目でも、十分に楽しめるスキー場になっています。逆に上級者にはちょっと物足りないかもしれません。ファミリー向けのゲレンデかもしれません。

左にはスノーボード用のジャンプ台がありました

九重森林公園スキー場

スキーの後は、やっぱり温泉ですね

珍しい高炭酸泉の温泉

スキーで冷えた体を癒すのは、やっぱり温泉です。九重森林公園スキー場の近くには、日本一の打たせ湯・筋湯温泉が有名です。ですが、こちらは以前に行ったことがあるので、今回はやまなみハイウエイ沿いにあるやまなみ牧場に隣接したまきばの温泉館へ行きました。

こちらは炭酸水素イオン1,340mg / ℓの高炭酸泉です。炭酸水素イオンは余分な活性酸素の働きを妨げる抗酸化作用があります。さらに疲労回復効果もあるので、まさにスキーの後の入浴には最適でした。

こちらは牧場に隣接した温泉なので、牛乳風呂という趣向を凝らしたものもありました。牛乳が入っているので、あまり高温になると発酵して異臭を放つようです。なので、温度はかなりのぬるめでした。それでも多少匂いはありました。

独特な香りがしました。発酵臭?

湯上りは多少きしむような肌触りですが、血行促進作用もありいつまでもポカポカとしていました。

 

露天風呂も貸し切り?!

サウナも貸し切り

インスタ映えする夕焼け

牧場から見た夕焼けが美しすぎました。九州でスキー&温泉もおすすめですよ。

まきばの温泉館

泉質:炭酸水素塩泉 ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー炭酸水素塩・塩化物泉

浴用の適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え症、慢性婦人病、痔疾、病後回復期、疲労回復、切り傷、やけど、虚弱児童、健康増進