【ベルリン観光】ベルリンのラーメン屋さん ベジタリアンラーメンが食べられるお店で晩ごはん

こんにちは、Erikaです。

外国人に好きな和食を聞くと、ラーメンが上位にあがります。
ここベルリンにもラーメン屋さんは何軒かあります。

長谷部選手のラーメン好きも有名です。ヴォルフスブルク時代に、わざわざ電車に乗ってベルリンまでラーメンを食べに来ていたようです。

ベルリンにはダシにも植物性食材を使ったベジタリアンラーメンがあると知り、さっそく突撃してきました!

ベルリンのベジタリアンラーメンが食べられるお店 MenMen

ベルリンの東側ノイケルン地区にあるラーメン屋さん「MenMen」。

ノイケルン地区へやってきたのは2回目ですが、かなりディープな地区です。途中、大仏様のいるインド料理屋を通り過ぎ、目的地へ到着しました。

こちらのメニューで注目したいのはベジタリアンラーメン。ベジタリアンラーメンて、珍しくないですか?
日本には野菜ラーメンは見かけます。しかし、ダシまで植物性食材で作ったベジタリアンラーメンは一度しか食べたことがありません。

こちらベルリンにはベジタリアン・ビーガンの方が少なくなく、ベジタリアン・ビーガンメニューのあるレストランを多く見かけます。植物性食材のみでとったダシをベースにしているので、ベジタリアン・ビーガンの方も安心してラーメンが食べられます。

もちろん、通常の鶏ガラスープをベースにした、味噌と醤油ラーメンもあります。

こちらでは先に注文をして料金を支払い、できあがったらブザーがなる「呼び出しブザー」を受け取ります。日本でもフードコートで渡されるアレです。

そのアレが、こちらです。
なぜか、韓国語。

韓国製呼び出しブザーが鳴るまで、店内をチェックします。

ラーメン屋とは思えない、オシャレな店内。
夕方5時過ぎでしたが、他のお客さんは店内にいませんでした。

奥には製麺コーナーが。麺は自家製なんですね。ステキです。
「もういっぱい。」の表示は、おかわりの意味でしょうか。

トイレにはピーチ姫がお出迎え。

しばらく待っていますと、韓国製呼び出しブザーがブルブルと震えてお知らせ。呼び出しバイブでした。

こちらがベジタリアン味噌ラーメン。
たっぷりのコーンに、ベビーコーン、エノキダケ、海苔1枚、そして人参のかき揚げがのっています。

こちらは、鶏ガラベースの醤油ラーメン。
豚の角煮、煮卵、チンゲン菜、そしてなぜかカイワレが山盛りです。

ラーメン以外にも、照り焼きごはん、唐揚げ、餃子と山盛りの注文。
テリヤキ、唐揚げ,餃子 は一緒に行ったドイツ人からのリクエストでした。
テリヤキ、唐揚げ、餃子、日本のB級フードは外国人に大人気です。

がっつり、いただきます!

まずはスープから、、、あれ?ぬるい?
味噌スープは後味がピリッとしていて美味しかったのですが、アツアツじゃなかったのは残念でした。

子供にはすぐに食べられるので、よかったですが。

かき揚げをほぐして食べていくと、まるでかき揚げうどんです。ラーメン食べながら、うどんを思い出し、うどんが食べたくなるというのは、初めての体験です。

麺は私好みの細麺で、ツルっとした喉ごしの良い麺でした。硬さもちょうど良かったです。麺だけで購入したいくらいでした。

もう一つ残念だったのがかき揚げの人参でしょうか、少し冷凍臭が気になりました。元主婦なので、冷凍臭は敏感に感じとってしまいます。

今回は少々残念な味となってしまいましたが、久しぶりにアサヒビールが飲めたので良しとします。
MenMenさん、次回に期待します!

外では、ウルグアイ対フランス戦が繰り広げられていました。
お客さん、外にいたのね!
店員さんも一緒に応援ねっ!

ラーメンハウス MenMen
https://goo.gl/maps/yshh11BiGaF2
U7.U8 Hermannplatz から徒歩7分