プチ断食はデトックス効果あり!お手軽な朝断食がオススメ

40代になり今までと同じ量を食べると太りやすくなった、朝目覚めてなんとなくスッキリしないし疲れが取れていない、なんてことはありませんか?

朝はウォーターケフィアを毎日飲んでいます。
そのおかげで朝のお通じは絶好腸!のローフードアーティストのEricaです。

最近痩せにくい、疲れが取れないと感じたらプチ断食に挑戦してみましょう。断食というと我慢しないといけないというイメージですが、まずはお手軽に朝食を抜く「朝プチ断食」がオススメです。

プチ断食の効果は?

私たちの体は毎日食べたものを消化したり排泄したりと24時間休まずに働いています。日々の食事で食べ過ぎたり体に良くないものを食べたりすると、胃腸が処理能力を超え少しずつ体内に毒素がたまっていきます。
そこから出る毒素が体内を巡って様々な病気や体調不良の原因となります。

プチ断食をすると、消化器官を中心とした内臓を休ませてあげることができます。消化で使う酵素は使わず、体の毒素を排泄させるための酵素が活発に働いてくれます。その結果、体内の毒素を排泄して腸をキレイにします。毒素を排泄するので、体調も改善し肌の調子も良くなります。さらに代謝の酵素が活発に働くので、基礎代謝もあがり、痩せやすい体を作ります。

  1. 消化器官を中心とした内臓を休ませる
  2. 体内の毒素を排出させて腸をキレイにする
  3. 体調の改善
  4. 肌の調子が良くなる
  5. 基礎代謝が上がり痩せやすい体になる

なぜ朝断食がオススメなのか?

人間の体内リズムに沿っていくと、朝の4時から昼の12時までの時間は排泄の時間帯になります。この時間帯に朝食を食べないことで消化吸収で動いていた内臓は休むことができ、体内は「出すこと」に集中できるのです。

デトックスのための朝断食のやり方

朝起きたらコップ1杯の水または白湯を飲みましょう。朝はフレッシュなジュースまたはスムージーなどにして固形物は食べないことです。どうしても食べたい場合は、消化に負担のかからないフルーツを食べましょう。水分(水またはハーブティーのみ)はこまめに補給しましょう。

朝断食の後に食べる食事はお蕎麦など軽めのものをよく噛んで食べましょう。約16時間後の固形物ですから胃腸がびっくりしないような食事が望ましいです。

まとめ

年齢とともに代謝は落ち、太りやすくなっていきます。体のリズムに合わせた朝断食を定期的に行うことで代謝を上げて痩せやすい体質に変えることができます。デトックスだけでなく自分の体をいたわりながら休めせてあげることも大切です。体の声を聞きながら、今日は休ませてあげようと思ったら手軽に朝断食を実践してみてください。