【ベルリン観光】ローフードのケーキはドイツ人の舌に合うのか?実際に試してみた 抹茶チョコレートローケーキレシピもあるよ

こんにちは、Erikaです。

先日、日本から送った荷物が全てドイツに届きました。最後に届いたのが、変圧器。この変圧器は、ドイツで2000VAまで使えるものでして金額も高価なので、案の定税関に引っかかりました。

税関まで行って、しっかりドイツの税金を支払ってきました。トホホ・・・。

しかし、変圧器が届いたのでやっと高速ミキサーが使えます!
さっそくローケーキを作ってみました。

ドイツ人は甘いものが大好きです!

ビールにケーキという組み合わせがドイツっぽい?!

いきなりですが、ドイツ人は老若男女みんな甘いものが大好きです。特にケーキはCAFEにはもちろん、イベント会場にもケーキがずらっと並んでいて、よく売れています。

そして、サイズも甘さもビッグです!そんな訳で、日本人にはちょっと甘すぎかな〜なモノもあります。疲れている時は、良いんですけどね。

そんな甘いもの大好きドイツ人の舌に、甘さ控えめのローケーキは受け入れられるのか、さっそく知り合いのドイツ人に試食してもらいました。

フリーマーケットで日本の骨董品を販売しているドイツ人にはココで会える!

週末ベルリンでは至る所でフリーマーケットやエコマーケット、骨董市が開かれています。私が毎週通っているアート&フリーマーケットは、ベルリンの地下鉄U7 Fehrbeliner Platz駅に直結しています。

アフリカの民芸品でしょうか・・・?

こちらは、アーティスト作品コーナー。

本も売っています。

知り合いのドイツ人のお店には日本のレアな?商品が並んでいます。

日本語のレコード発見!

日本のCDもありました。

着物も売ってます。

日本のアート作品

他にも、宮崎ますみの写真集や江戸時代頃?のエロ本などもありました。どこから見つけてくるのでしょうか?
当然ですが、ここには載せられません。

彼は日本が大好きで、彼の息子が日本に住んでいることもあり、よく日本へ買い出しに行くそうです。
そんな日本好きの彼に、私が作った抹茶チョコレートローケーキを試食してもらいました。

美味しそうに食べているポーズもいただきました!

ドキドキしながら私の出川イングリッシュレベルの英語で聞くと、

「Very Good!」

いただきました!
抹茶のビターとメープルシロップの甘さのバランスもちょうど良いとのこと。

やった〜!
ドイツ人好みのローケーキ1つ完成しました!

日本大好きな彼には、こちらで会えます。
アート&フリーマーケット
場所:U7 Fehrbellinerplatz駅直結
日時:毎週土・日曜日 10時から16時

ローケーキレシピ ドイツ人好みの抹茶チョコレートローケーキ

お待たせしました!
ドイツ人好みのローケーキレシピを紹介します。

【材料】(18cmのタルト型)
(クラスト)
生アーモンド   1カップ(約150g) 前晩から水に浸しておく。
デーツ      5〜7個(硬い場合は少量の水に30分ほど浸す。)
ココナッツオイル 大さじ1
塩        小さじ1/2

(フィリング)
生カシューナッツ  2カップ(約250g)前晩から水に浸しておく。
メープルシロップ  1/2カップ
水         1/3カップ
カカオバター    50g (50℃以下のお湯でゆっくりと溶かしておく)
抹茶パウダー    大さじ3
ココナッツオイル  大さじ1(固まっている場合は、50℃以下のお湯で溶かしておく)
塩         少々

(トッピング)
そばの実 適量

1.クラストを作る。材料全てをフードプロセッサーで細かくする。型に敷き詰める。

2.フィリングを作る。全ての材料を高速ミキサーに入れて、滑らかになるまで攪拌する。

3.冷凍庫で2〜3時間ほど冷やす。食べる10分前に冷蔵庫へ移しておく。

前日の準備さえやっておけば、あとは簡単にできます。
抹茶チョコレート味のローケーキ、作ってみてくださいね。