【ドイツのベルリン観光】ベルリンで1番美味しいケバブ屋「リュヤム・ゲミューゼ・ケバブ」

こんにちは、エリカです。

各国の移民が集まるベルリンでは、アラブ系、トルコ系、アジア系様々なジャンルの料理が楽しめます。

ドイツで小腹がすいたら手軽に食べられる軽食スタンドをインビス(Imbiss)と言い、駅の構内や街中のいたるところにあります。

ベルリンへ来たら必ず食べて欲しいファーストフードは、ケバブです。
安くてボリュームのあるケバブ屋はベルリナーに大人気で、何軒も並ぶケバブ・ストリートがあるくらいです。

ベルリンで一番美味しいケバブ屋をご紹介します!

ベルリンで一番美味しい!超オススメのケバブ屋「リュヤム・ゲミューゼ・ケバブ」

串に刺さった肉を回転させながらローストするドネルケバブはトルコ発祥です。日本でもドネルケバブは屋台や移動販売車などで見かけます。

ローストした肉をパンに挟んで食べるサンドウイッチスタイルは、ベルリン発祥と言われています。もちろん元祖トルコパンで巻いたケバブもベルリンで食べることができます。

ケバブのパンに挟むタイプもいくつか種類があるので、事前に知っておくと注文するときにあたふたしません。

サンドウイッチ・ケバブ(Sandwich Kebab)・・・スタンダードなパンに肉・野菜を挟んだケバブ

ドナー・ケバブ(Döner Kebab)・・・平べったいトルコパンに肉・野菜を挟んだケバブ

ドゥリュム・ケバブ(Dürüm Kebab)・・・ラップサンドタイプの肉・野菜を巻いたケバブ

ラップサンドタイプは、食べているときに野菜や肉がポロポロとこぼれないのでおすすめです。

地下鉄U7アイゼナッハー・シュトラーセ駅から少し歩くと、バス通り沿いに「リュヤム・ゲミューゼケバブ 」はあります。

お店はこじんまりとしていて、ベルリンらしい落書きアートがあり、ここが本当に人気なの?!という雰囲気です。しかし、テラス席が満席になるほどお客さんで賑わっていました。

ケバブが人気のお店ですが、ベジタリアン用の肉なしケバブ(?)もメニューにあるので、ベジタリアンでも利用できます。

娘は肉入りのドゥリュム・ケバブ、私はベジタリアン・ドゥリュム・ケバブを注文しました。お支払いすると、レシートに番号が書いてあります。この番号はあとで呼べれるので、覚えておきましょう。

ケバブ屋で聞かれることは、

「野菜は全部入れても良いか?(入れて欲しくない野菜はないか?)」

「ソースはどれがいいか?」(3種類くらいから選べます)

などを、ドイツ語で聞かれます。

ドキドキしますが、嫌いな野菜がなければ「アレス(Alles)!」(全部入りで!)と答えてください。

生玉ねぎなど食べられない野菜があれば「オーネ、ツビーベル!(Ohne Zwiebel)」(玉ねぎなしで!)

「ノー、オニオン!」でも通じるかと思います。

ソースは美味しそうなものを直感で選んで、指差しで乗り切りましょう!

注文してから調理するシステムなので、出来立てが食べられます。
トルコ人(おそらく)のおじさんが鼻歌を歌いながら作ってくれます。

5分をほど待つと、トルコ人のおじさんが番号を大声で叫びます。自分の番号が呼ばれたら、ケバブを受け取りに行きましょう。おじさんはドイツ語で番号を叫びます。わからない場合は、店内に番号表示の画面があるので、そこで待ちましょう。

↑食べやすいドゥリュム・ケバブ 。これで1人前。

↑野菜たっぷりのケバブ

ここのケバブは、レタスやトマトなどサラダだけでなく、かぼちゃやナスなどの野菜を素揚げしたものが入っています。なのでベジタリアンケバブでも、しっかりとしたコクのある味が楽しめます。

ケバブはどれもボリュームたっぷりなので、お腹をペコペコにして行ってくださいね!

リュヤム・ゲミューゼケバブ (Rüyam Gemüse Kebab)
最寄り駅:地下鉄U7アイゼナッハー・シュトラーセ(Eisenacher Straße)駅から徒歩7分
営業日:月曜日ー土曜日 11:00−24:00、日曜日・祝日休日